少額でない時には給料に関する書面が求められる

キャッシングには、必ず確認があります。確認をした結果、お断りになる事例もあるのです。したがって確認基準などは、きちんと押さえておく方が良いでしょう。審査の基本などはある程度知っておく方が、カード発行もスムーズになりやすいです。

申込をするとなると、たまに給料に関する書類http://xn--u9jygj0uwbb2769h354a1fo2gmitn.net/が求められる事があります。基本的にこの融資商品は、少額で借りる時に利用されるでしょう。ところがある程度まとまった金額で、調達したいと思うケースもある訳です。そういった時には、上記で述べた給料に関する書面が必要となります。

例えばある賃金業者などでは、50万以内ならばそういう書面は不要と明示しています。ところが60万や70万など高めな数字となると、書面が求められる訳です。

もちろんどれ位の数字で書面が求められるかは、各会社によって色々と異なります。一般的には銀行などは、その数字が高めに設定されていると考えて良いでしょう。事前に数字を確認しておく方が、申し込み手続きもスムーズですね。

 

設置前に見ておきたいETCカード

観光やショッピング、レジャーや出張で車を使っての遠出でお世話になるであろう高速道路、便利ですよね。
けど料金場で料金を払う時にこんな経験や気持ちを感じた事はありませんか?「あ、手持ちが足りない…」「思いの外手間取るな…」

そんな時はこちら「ETC」の導入を考えて見てはどうでしょう?
ETCとは「「E」lectronic 「T」oll 「C」ollection System」の略で日本語にすると「電子料金収受システム」。

無線通信を利用して車と料金所で必要な情報を交換し料金を支払う物、早い話が高速代を
クレジットカード支払いを可能にしたシステムです。そんなETCを利用する為にはカー用品店で
ETC機材購入し車内に設置が必要ですが支払いの為に必要な「ETCカード」も作る必要があります。

現在は

1 純粋にETCでの利用だけを目的とし、クレジットカードとは別に発行している「ETCカード」
2 借入枠を作りいざという時はキャッシングサービスにも対応してクレジットカードとしても使える 「ETCクレジットカード」
3 クレジットカードをなんらかの理由で持てない、持ちたくないと言う人用の「ETCパーソナルカード」

この三種類が現在主流になっています。ただし…それぞれデメリットもあります。

1と2はVISAやJCB、MasterCard等国際ブランドに対応していますが
ETCカードは先に説明したとおりETCだけしか使えないカードなので買い物もしたければ
クレジットカード一体型を選ぶ必要があります。

そしてパーソナルカードの方は口座振替に対応しETC割引も効きますが

・預り金で数万円(平均的に4~6万円前後)が必要、口座振替とは別
・年会費1200円程かかる
・ETCカード事務局に必要書類を取りに行く手間がかかる

と利用状況によっては導入する必要がなく料金所で現金払いのが安い事もあり得るなんて事もあります。

ETCは確かに便利ですが使うためのカードにはメリット・デメリットも存在します。
それらを理解し納得した上でETC導入を検討しては如何でしょう?そこさえ分かってしまえば快適なドライブが待っているかもしれませんよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA